忍者ブログ

[PR]

2017年11月22日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

終戦記念日

2002年08月15日
風邪が治りません(;_;)症状としてはクシャミと鼻水。
ひきかけの時はノドが痛かったんだけどそれはだいぶ引いてきてて、今度は咳が出始めた。あ~。
筋肉痛はやっぱり今日がピークらしい。太ももと両腕が・・・動かすと“アタタタタ”って感じ。
せっかくの連休だっていうのに何やってんだよぉ~。

朝からテレビで特攻隊の話をやっていた。そっか、今日終戦記念日だっけ。
学校行ってたときは登校日だったりみんなで戦争の映画を見たり、嫌でも実感させられた日だったけど
こうして大人になるといちいち思い出さなくなっていて、意識的にそういうことに触れていかないと
忘れてしまいそうになる。
二十歳前後の大勢の若者達がお国の為に死んでいった特攻隊。見ててたまんなかった。
いちばん心が痛んだのは、29歳という特攻隊の中では決して若くなかった一人の男性の話。
彼には妻も子供もいた。
だけど自分より年下の部下達が次々に出撃していくのを目の当たりにして
「お前達だけ死なせるわけにはいかない」
って、自分もいかせてくれって頼み込んだけど、やっぱり家族がいることで何度も却下されてて。
そこで彼の妻がとった行動。
「私達がいたら、あなたの志が果たせない」
ってふたりの子供を連れて入水自殺したんだよ!!!
もぉ~、なんで!?って思った。たまんないよそんなの!
そういうたくさんの犠牲を払って尊い命を捧げて、辛いことも乗り越えて、そうやって今の平和な
世の中があるのに・・・なんか最近自分の命とか他人の命をものすごく粗末に扱うような出来事とか
事件が多くて悲しくなる。こんな風になってしまった日本を彼らが見たらどう思うんだろう。
こんな奴らの為に俺等は死んだんかって思うよねきっと。
原爆記念日とか、終戦記念日とか、こういう日にだけ思い出せばいいっていうものでもないけれど
せめてこういう日くらいは思い出さなきゃって思う。多くの犠牲の上に今の私達がいるということ。
だからって特別何ができるわけじゃないけど、ひとりひとりがそういう事を胸に刻んでいかないと
本当に世の中ダメになっちゃう気がするんだよね。
戦争を経験した人もいずれは誰ひとりいなくなるわけだから・・・。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: