忍者ブログ

[PR]

2017年10月22日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

After me「BEAR HUG 2000」@福岡ビブレホール

2000年05月21日
約半年ぶりの福岡ワンマン。2月にアコースティックライヴがあったとはいえ、やっぱりワンマンとなると緊張感が違います。私、朝からかなり緊張してました。After meの曲を聴いてると心臓パンクしそうだったんで、家を出る1時間前からはCDを他のアーティストに切り替えてリフレッシュ(笑)。今回の私の番号は19番。これも緊張を高める原因になってたのかも・・・だって、それまでワンマンは後ろの方でしか見たことなかったから。気合いの入り方も違うってもんよ!そんなこんなでライヴ会場は今回もビブレホール(3度目やね)。2列目の長田さんとクワジの間を陣取って開演を待つ。予定時刻を少し回って意味不明の(聞き取れない)DJの声とSEに乗って、メンバー登場。・・・と同時に会場から笑い声が。そう、行かれた方ならお分かりでしょうがツッチーの髪型!なんで七・三なんだ~!しかもピッチリ固めてある(笑)。爆笑。何があったのツッチー。戸惑いを隠せないままにライヴは「つよく抱きしめた」からスタート。おぉ、一発目からこの曲ですか。その後は新旧おりまぜた選曲と、長田さん曰く「謎の曲」(いわゆる新曲でしょう)が数曲。どのあたりからか分からないけど、おそらくライヴの中盤ぐらいからライヴに集中できていない私。理由はいろいろあるのだけれど(ほとんど個人的な理由なのでライヴ自体にはあまり関係ないです。一応)曲数にして3、4曲分ぐらいの時間はあったかなー。なんか、今日の私ヤバイなぁと思っていたら、これまたどの曲か忘れたけどギターソロでクワジがガーッとステージから乗り出してきて気づいたら目の前にいて、あまりの近さにビビりつつもとりあえず革パンに触ることに成功!そこで私は我に返ったのでした(笑)。ありがとうクワジ。それからは気持ち良くライヴを楽しむことができました。今回のライヴで私が嬉しかったのは「ありふれた風景」が聴けたこと。なんとなく、最近のマイブームだったから。あとは「星空を待たずに」。この曲の良さは上手く言葉にできないけど、改めていい曲だと思いましたね。一番心に残ったのは「君に触れたかった」を歌う長田さん。ライヴ後の帰りのバスの中から、バスを降りて家に帰るまでの道のり、とにかくずぅーっと私の頭の中ではこの曲が鳴りっぱなしでした。そして1回目のアンコールで歌ってくれた新曲「悲しみのない世界」。詞もメロディーも、心に染みます。本当にいい曲。After meに出会えて良かった!って思える曲。アンコール2回目、ラストで歌われた曲はデビュー曲「明日の向こう」。やっぱり、私はこの曲が好き!!!!曲の途中で叫びたくなるくらい、心の底からそう思ってしまった。もちろんMCの方も笑わせてもらったよー。っていうかMCの時の方が生き生きとして見えた(特に長田さん)のは私だけ?今回は(今回も)長田さんばっかり見てたので、MCも長田レポです(笑)。あしからず。まずビックリしたのが長田さんは鼻血を出したことがないということ。だって私なんて日常茶飯事で出してるのに(爆)。あとは最近お菓子にハマっているということ。(ちょっとふっくらしたように見えたのはそのせい?)「200円以下のチョコは一気食いしなきゃだめ」だそうです。(この言葉は短冊に書いて壁に貼っておきたい、と田中さんが言っていた)長田さんはこの日よっぽど楽しかったのか(?)「自分が楽しんじゃってます」とか「自分を見失いそうになりました。ライヴなんだから見失えって感じだよね(笑)」などなど、ファンとしては嬉しいセリフを次々と口にしてくれました。会場からの声援や質問にもひとつひとつ丁寧に対応してくれて、ほーんと長田さんってば優しすぎ!ライヴが終わったあともファンに言われるがままピックやタオルを投げまくっておられました。他のメンバーの事も書いておくと(笑)、まず私から一番遠いところにいたツッチー。七・三で登場した時点ですでに「どうしたん?」って感じだったのだけど、この日はけっこう饒舌だったように思います。「最近白髪が減ってきてねぇ・・・ストレスが無いんだろうね」という言葉がツッチーらしくて印象的だった(笑)。それから田中さん。初めてドラムを叩く姿を間近で見たのだけど、カッコイイんだなコレが。初めて知りました(笑)。マジでちょっと見とれてしまいました。でももうちょっとしゃべってほしかったなー。最後にクワジ。うーん、あんまり印象がありません(爆)。一番近くにいたはずなのに、何故?あ、新曲はカッコ良かったけど、何て言ってるか全然分からなかった。本人曰く「メッセージソング」なのに肝心のメッセージが聞き取れないんじゃ・・・。なんかこのライヴ、終わった後はどうレポを書いたものか正直悩みました。自分の中でいろんな戸惑いがあって、心ここにあらずみたいな瞬間もあって・・・でもね、次の日チャリンコに乗りながらライヴの事思い出したら、自然と顔がニヤけてきちゃったのです。長田さんの笑顔、ツバ飛ばしながら歌ってたクワジ(私の顔にも飛んできた気がする)、「高度経済成長期ヘア(とメンバーに言われていた)」でボヤいてたツッチー、力強くドラムを叩く田中さん。4人とも最高にカッコ良かった。やっぱりこのライヴは私にとってかけがえのない幸せな時間だったんだなー、やっぱり私はAfter meが好きなんだなーって、思えたんです。あんまりちゃんとしたレポにはなってないけど、読んでくれた皆さんありがとう。そしてAfter meの皆様、お疲れさまでした&Thank you so much!


●SET LIST(いつものごとく順番はバラバラです)
つよく抱きしめた
ありふれた風景
目を閉じるしかなかった
君に触れたかった
星空を待たずに
高く飛べ!
Day by Day
なりふりかまわず
二人
はやくはやく
近づきたい
チェイサー
…その他ナゾの曲多数。
EN-1
クワジ新曲
悲しみのない世界
EN-2(クワジとツッチーが差し入れの缶ビールを飲みながら登場!)
明日の向こう
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: