忍者ブログ

[PR]

2017年10月22日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Live Linxs vol.8@新宿LOFT

2002年10月13日
3週間ぶりのラヴァ。長かったような、あっという間だったような・・・。
九州ツアーからちょっと間が空いたから、何が聴けるのかワクワクしてた。
ライヴ前に「今日はあの曲かな?この曲かな?」って色々推測するのもまた楽しいんだよね。
オープニングアクトを含めた全5バンド中、ラヴァは3番目の登場。
前のバンドが始まるとき、スクリーンにちょっとしたプロモーションビデオみたいなのが流れて
バンド名がバーン!って出てきてからそのスクリーンが上がってメンバーが登場するっていう
かなりカッコイイ仕組みになってたもんで、ラヴァの時はどうなんだろう?何が流れるんだろう?
って相当どきどきしてたー。
・・・ら。
フツーにスクリーン上がってった(笑)。
うおぉぉい!
・・・ってあの場にいた人みんな突っ込みたかったと思う(笑)。
まぁ、ライヴが始まったらそんなことはどうでも良くなってたんだけどね。
1曲目「ヒマワリ」。いつもとアレンジが違う。
うーんと、どれくらいだっけ。けっこう長い間あるじさんの弾き語り?っていうかアカペラってか
なんか忘れちゃったけどそんな感じで・・・ウッチーのドラムが「ドーン!」って鳴り出すのは
いつ?とまたもやどきどき。あぁでもカッコイイね。好きかもこういうの。
ラヴァのライヴって見る度にアレンジ違うっていうのが多いような・・・気のせいかなぁ。
その後は正直曲順にあんまし自信なかったり。
前も書いたけど、本当に楽しいライヴのときはいちいち曲順なんか覚えとらんって!(笑)
「体温」は久々に聴いたのかな。さらに力強さが増してる気がした。
新曲「ビッグフット」。これって一緒に口ずさみたくなる曲だなぁ、私的に。
今回もなんとなくで(笑)歌ってた。だって楽しいんだもん。しあわせしあわせ。
あるじさんのMC・・・なんていうのかな。クールなんだけど熱いっていうか・・・うううーん。
でも「俺」って言うか「僕」って言うか何度も言い直してたりとかしてやっぱ面白い(笑)。
人ひとりくらいの人生なら変えられる音楽をやってる自信があるみたいなことを言ってて。
とんでもない!!
ラヴァの音楽はたくさんの人の心を揺さぶれる音楽だよ。
自分の人生観を変えられるくらい存在感のあるバンドってそうそう出会えないと思うけど、
私にとってのラヴァは確実にそんなバンドのひとつだって言えるもん!!!
「reason」で気持ちがいったん落ちる。変な意味じゃないよー。
温度が下がるっていうか。
そして次の曲・・・あれあれ?
なんだっけこのメロディ。
気付くのに十数秒かかった。
そして・・・うわぁぁぁ~!!!(@@)ってなった!!!
目ン玉飛び出るかと思うくらいビックリしたー!!!
「あいの~しらぶずゆぅ~♪」ですよ。
「I know she loves you」ですよ!!!奥さん!!!
まじでー!!!
ずっと聴きたかったんだよー。大好きな曲。一時期ライヴでは定番だったんだけど。
すっごいすっごい嬉しかった。かなり笑っとったやろねぇ私。あはは。壊れ気味やったかも。
ラストの「同じ夢」ではまたユースケさんが拳を求める。
楽しい!いえーい!最高でーす!(笑)
やばいくらいしあわせ。
これ全然ライヴレポになってない・・・とにかく楽しかったっていうことです。

ヒマワリ/体温/ビッグフット/reason/I know she loves you/同じ夢

・・・多分こんな感じのセットリストではないかと(笑)。

私にしては珍しく最後のバンドまで全部見た。
ダブルオーはね、この前見てすごい良かったから楽しみにしてて、やっぱし良かったな~。
知らない曲でも体が動いちゃう感じで。音もカッコイイし。
ま、ラヴァの方が100万倍カッコイイけどね(笑)。
メレンゲとフジファブリックもイイ感じだった。
フジファブリック、ボーカルさんの喋りがなんかツボだったんですけど・・・。
最後はインビシブルマンズデスヘッドっていうバンドで、これがまた凄かった。色んな意味で。
面白かったけど音楽的にはごめんなさいな感じやった(^_^;
でもでも全体的に個性的なバンドばっかりでほんと楽しかった!うん。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: