忍者ブログ

[PR]

2017年10月22日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IMSスペシャルライヴ

2001年04月14日
IMS presentsのライヴイベントに行ってきました。
出演はスィートショップ、MO'SOME TONEBENDER、THE BACK HORN、キセル、古明地洋哉、WINO。
ギリギリぐらいに行けばいいか~って思って、下の階で時間潰してたらそっちに夢中になっちゃって
気付いたら1分前!慌てて会場に入ったらちょうど開演するところだった。セーフ。
ではではアーティストごとに感想をば。

1.スィートショップ
バンドでのライヴを見るのは、メンバー本人も言ってたけど約1年半ぶり。
なんか前にも増してメキメキ爽快骨太ロックンロール(?)になってたね~。
すっごい気持ちいい音だった。
ラストの「涙の水彩画」がなんだか懐かしくてホロリとした。

2.MO'SOME TONEBENDER
キセルだと思って3曲ぐらいずうっと見てたのにモーサムだった(笑)。おいおい。
どうりでなんか違うな~って思ったよ(笑)。
なんつーか凄かったね。かなりかっくいかった。好みの音ではなかったけど・・・。

3.THE BACK HORN
曲はね~、ミクスチャーっぽいっていうかハードコアっていうか、その辺私も曖昧なんだけど
でも良かったよ。嫌いな感じじゃなかった。
MCがすごく素朴でそこにギャップがあるんだけど一生懸命なのが伝わってくるんだよね。
お姉さんはそこにグッときました(笑)。

4.キセル
やった~、キセル!やっと見れたよーって感じ。(なのにモーサムと区別がついてない)
めちゃ可愛かった。あまりに気持ち良くて途中眠くなりました(笑)。
いい感じだったね、ホント。
終わったらなんだか心地よい疲労感が襲ってきて残りの2組どーでも良くなったので帰りました(笑)。

5.古明地洋哉
6.WINO
そんなわけでこの2組は見てません。

このイベントも去年のローリングロックスに負けず劣らず個性豊かなメンツだったね。
私はスィートショップのライヴだけ前の方で見て、あとは後ろの方に下がって見てたんだけど
1バンド終わるたんびに民族大移動みたく人がゾロゾロ出たり入ったりしてるの。
思うにみんなのお目当てはWINOだったんだろうけど、いかんせん他のメンバーも濃いからねぇ(笑)。
でもキセルはマジで凄かったなー。キセルワールドだったもん、すっかり。
(単にみんな眠かっただけ・・・?(笑))

明日は寝るー!
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: