忍者ブログ

[PR]

2017年10月22日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

After me「MUSIC VOICE」公開録音@秀巧社ビル

2000年02月05日
ライブでいつも悔しい思いをしている私にとって、After meを間近で見る絶好のチャーンス!てなわけで、張り切って朝から会場となる秀巧社ビルで待機(整理券配布は午後1時)。会場に着いた午前10時過ぎの時点で並んでいたのは5人。そう、6番目!顔には出さずとも心の中は大興奮(笑)。寒くてお腹痛くなったりもしたけど、頑張った甲斐あって会場では最前列、しかも長田さんの目の前の席をGET!神様ありがとう♪収録は予定通りの午後4時にスタート。聴きなれたジングルが流され、続いて『つよく抱きしめた』。そして曲の途中でいよいよメンバーの登場。うわー、めっちゃ近い!失神するぅ~(笑)。今回はアコースティックライブも予定されているということで、来福したのは長田さん&クワジ。そうそう、ちなみに会場は秀巧社ビルの「レセプションギャラリー」という、イスが40席くらいしかない狭い場所でした。立ち見もたくさんいたので合計7、80人くらいはいたのかなぁ?長田さんが左、クワジが右に座って、真ん中の小さいテーブルの上に進行表や水なんかが置いてありました。二人ともかなり緊張しているみたい・・・会場もなんとなく緊張が漂っていて、私も何をしていいやら分からない状態。始まる前は「いろいろ突っ込んでやろう!」なんて思ったり思わなかったりしてたけど、いざメンバーを目の前にしたらカチカチに固まってしまって言葉も出ない・・・(笑)そりゃあ笑顔もひきつるさ。先日のノーナのインストアの出来事が頭をよぎったりもして。15分くらいはそんな状態でした。長田さんはちょっとずついつもの調子を取り戻してる感じだったけど、クワジは気を使ってたくさんしゃべってくれるんだけどそれがどうも空回りしていて・・・お酒入ってるかと思っちゃった(笑)。でもそんな姿もおかしかったのでした。コーナーはいつも通り「HAIKU for beginners」から。っていうか“HAIKU”ってローマ字で書くのね!(笑)漢字だと思ってた。会場のファンが事前に書いた俳句・短歌からいくつかを選んでリアルタイムに読んでいくという感じ。私、初めて短歌読まれちゃった。ウレシイ!なんかくれ~!ってのはウソで、読まれただけで幸せでしたよ。しかも目の前で。コーナーが終わると曲が流れるんだけど、いつもだとその間はヘッドフォンをつけてジーッと下向いて次の進行を考えるらしいのです。「今日もそうしたいのはヤマヤマなんですが~、なんて、冗談です(笑)」なんつって、一生懸命会場を和ませようとしてクワジと2人でファンにしゃべりかけてくれる長田さんに、改めて惚れ直してしまったりしてー。「サウンドスケープ」のコーナーではテーマに関係あるんだかないんだか、何故かクワジが空手の型(!?)を披露させられたりして、公開録音ならではの一場面もありました。っていうかオンエアで伝わるのか?(笑)そんなこんなの収録も予定通りに終了。続いて今日のメインイベント、アコースティックライブ。ステージ上にイスがないから、立って歌うの?って思ってたら、まさしくその通り立って演奏。After meのアコースティックっていつもそうなのかな?私はアコースティックっていうとイスに座って・・・っていうイメージがあったんで、ちょっとビックリでした。長田さんの、「やっぱしゃべってる僕らを見るのはリスナーも緊張するのかな?歌ってる方が安心して見ていられるのかな?」っていうMCには、思わずうなずいてしまいました(笑)。やっぱ歌ってるメンバーが1番男前だしね!この日のセットリストはリスナーからのリクエスト中心。新曲『つよく抱きしめた』に続いての『はやく はやく』は、アコースティックで聴くと長田さんの声がますます温かみを増すような気がしていいなぁって思った。3票(ちなみに1票は私!)を獲得した『星空を待たずに』(インストア初らしい?)は、もぉ~、すっごい良かった!大好きな曲っていうのもあるけど、バンドで聴くのとはまた違った趣がありました。『君に触れたかった』は今回リクエストナンバー1だった曲。長田さんは「アコースティックよりバンドって感じかな」って言ってたけど、アコースティックも違和感なかったよ。そして「最後の曲になっちゃうんですが・・・」というMCに、会場が「エェェ~!」って言ったら「じゃあ“とりあえず”最後ってことで(笑)」なんて言うからアンコールがあると思って期待しちゃったやん!長田さんっ!結局なかったんだけど。ラストは『明日の向こう』で、これまた大好きな曲・・・「CROSS-FMでもいっぱい流れたと思うけど、それを超えなきゃね」なんてことをおっしゃってましたが、それはどういう意味で言ったのかな?「それを超える曲を作らなきゃ」ってことかなぁ?とりあえずライブは全5曲、もうちょっと聴きたかったなーって思ったけど、これ以上望んだらバチが当たっちゃうなぁってくらい充実したイベントだったから、許す!イベント終了後はCD購入者を対象としたサイン&握手会があり、長蛇の列ができておりました。私はサインをしている長田さんの姿を一目見て大人しく帰ってきました(笑)。こんなオイシイ思いはもう二度とできないだろうなぁ・・・今日のことは後生忘れません(笑)。でもやっぱりまたやってほしい!CROSSのスタッフ様、いかがなもんでしょう?
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: