忍者ブログ

[PR]

2017年10月22日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ライヴレポ

2001年08月03日
8/2(木)『M-1 2001 SUMMER GIGS』@イムズホール
出演:The LOVE、In the Soup、黒沢健一、NO?YES!!、jessica、Sunflower's Garden

朝から社長が来て、なんとなくみんなピリピリしててかなりサイアクな朝だった。
おエライさんが苦手な私は今回もまたやらかしてしまったよ。ええ。
そんでもうすっかりブルー入っちゃって、よし、今日のライヴは暴れてやろう!と決めた(笑)。
つーか、暴れんとやってられん!みたいな。

仕事が終わったのが6時過ぎだったかな?
それから地下鉄に乗って天神に出て・・・
すでに6時半近かったからもう会場に向かっても良かったんだけどなんか気が向かない。
っていうのも夕方ごろから体調悪くて。正直ライヴどうしようかな?ってくらいだった。
でもLOVEに会いたかった。
その気持ちだけで足をイムズホールに向けて、着いたのが7時ごろかな。
黒沢健一、Sunflower's Gardenがすでにライヴを終えていてちょうど転換中だった。
アイタ・・・よりによって見たかった2つを見逃した(苦笑)。
だってまさか黒沢健一が最初に出るとは思わないじゃん。キャリア的にも。
逆に私的にはNO?YES!!とjessicaは捨て駒だったんだけど・・・(おいおい)
会場入ってまず始まったのがjessicaで。もうかなりしんどくて(笑)。
カンベンしてくれって感じで。(ファン及び関係者の方々ごめんなさい)
NO?YES!!は福岡ではかなりのキャリアを持つバンドだから、やっぱりそれなりにって感じ。
でもイチバン後ろで座って見てた(笑)。
その後がインスー。やっぱ凄いね。インストアしか見たことなかったけどライヴはかなりカッコイイ。
中尾ユウスケって人は郷太くんとはまた違うエンターティナーなオーラを出してるよね。
まぁ郷太くんにはかなわないけど(笑)。
しかしここまでは私にとっては序曲にしかすぎない。
だってLOVEを見に来たんだもん。
体調が悪いせいもあってか正直他のバンドはどうでも良かった・・・

・・・で、大トリでLOVE。
メンバーが出てくるまでいっちゃん後ろの壁にもたれて死んだようにへたりこんでて、
あぁLOVEのライヴが始まってもこっから動けないかもしれないな・・・って思ってた。
でも、気付いたら前にいた(笑)。
いや気付いたらっていうか・・・客電が落ちた瞬間ほぼ反射的に前に詰めてたんだけど。
ちょうど椅子が出てた後ろの、2列目。人の隙間から平さんがバッチリ見える位置。
ライヴは「偶然」からスタート。あれ?なんか3人とも固い・・・
その後のMCで平さんが「緊張してる」って言ってて、やっぱりって思った。
ツアーでも聴いたことのない新曲をやってくれた。私の記憶が正しければ「こぼれ落ちた純粋」。
「シンプルイズベスト」「ゆびきり」はもう口ずさめるほどになってた。
あとの曲は「Free」と「How much is...Love」でラストは久々の「君と僕」。
前奏で鳥肌が立った。一時期ライヴの定番になっていて、聞き飽きて良さが分からなくなっていた曲。
でもしばらく歌われなかった時間のおかげで改めてこの曲に純粋に感動できた。
泣きそうになった。

先月は一番前(1番だったからね)だったイムズホールで、今回はほぼ一番後ろでライヴを見てた。
なんかね、後ろで見ないと分からない良さって絶対あると思った。
もちろん前でガンガンに盛り上がる楽しさはそれはそれでなにものにも代えがたいけど
もっと違う部分で、違う視点で見たかったら一歩下がってみるのもいいね。
というか私は今後「後ろで見るライヴ」がやみつきになるかもしれない(笑)。
LOVEのライヴ、初めて完全に1人で見たけど、なんか良かったよー、すごく。
肩の力抜いて見れた感じ。周りも気にならなかったし、完全に自分とLOVEだけの世界だったし(笑)。
そして、LOVEがいれば何もいらないやと思ってしまった私。
本当はそんなことないんだけどね(笑)。でもそれくらい無くせない存在。

ありがとう、The LOVE!!!!!
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: