忍者ブログ

[PR]

2017年10月22日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぴあデビューレビュー@渋谷ON AIR WEST

2002年02月26日
早いもので、ラヴァと出会って丸1年。
まさか東京で彼らのライヴを見ることになるとは思ってもみなかった。
気合い入れて早くから並びすぎたせいで、開場してみれば最前列ど真ん中(笑)。
マイクスタンド近すぎ!(心の中でツッコミ)
3バンド中、ラヴァは予想通りのトップバッターだった。

カメラ
ビリーバー
センチメンタリズム
ヒマワリ
単純

あれ???こんだけ???
確かに終わったあと「もっと聴きたい!」って思ったのは覚えてるけど・・・・・・。
まだ何日も経ってないのにすでに曲順が曖昧ってとこがさすがやね(笑)。

福岡で出会ったラヴァのライヴをこうして東京で見ている自分。
すごーくすごーく不思議だった。
“なんで私はここにいるんだ・・・?”って思う瞬間が何度かあった。
「ヒマワリ」を熱く熱く歌っている、あるじさんの拳が震えてた。目が離せなかった。
釘付けってまさにこのこと!
ナゼか頭の中には今まで見たラヴァのライヴが走馬灯のようにめぐってた。
初めてのインストアライヴとか、仕事帰りに見た路上ライヴとか。

他のバンドは見ずに帰ったんで、あのイベントにおけるラヴァの位置っていうのは
あんまし分からないんだけど・・・
たぶん、いい感じでお客さんをつかんでいたのではないでしょーか?
私的には、なんだか直球すぎるライヴという感じがして、ひとつひとつの音が心臓に
グワアアアアって突進してくる気がして、すごくすごく気持ちは動いたんだけど
あまりにスキとか余裕がないというか・・・そういう風に思えた、かな。
・・・なんて生意気なことを書いてごめんなさいm(_ _)m

次のライヴも楽しみだなぁ。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: